リフォーム・建て替え・新築、どっちにしても見積りとらなきゃ、と悩まれている方、その悩み当社で解決いたします。

建て替えとは

現在の建物を解体撤去し、新たに建物を建てることです。建て替えにあたっては、建築基準法上の接道義務を満たさなければ、建築できない原則がありますので、建物が「再建築不可物件」に該当しないかどうかの確認を最初にする必要があります。
建て替え工事は建物を解体しますので、仮住まいに引越しが必要で、建築の工期が長いということがデメリットとして挙げられます。また、不動産取得税がかかり、固定資産税についても増額が想定されます。

しかしながら、間取りや設備を自由に描くことができ、現在の建物に対する不満や不安を根本的に解消することが出来るのは、圧倒的なメリットと言えるでしょう。

リフォームとは

既存住宅を活かして部分的に改装、改築、修繕、増築などを行い、新しい正常使用の状態にすることです。基礎や構造は変更しないので、リフォームの自由度が制限される部分もありますが、必要部分だけの工事ですので費用のボリュームが抑えられ、工期も短くなります。
中古住宅を購入し、自分好みのリフォームを加えて新生活をスタートする、という方も多くいらっしゃいます。

まとめ

建物全体の不満や不安の解消を重視される方は建て替えがおすすめ。
工期や費用を重視される方にはリフォームがおすすめ。

 

リフォームでもできること

1.生活の質の向上

好きな壁紙、床材、建具、設備にかえることで、気分が上がり、便利になった設備で生活すると自然と余裕が生まれます。

2.暮らしやすさの向上

人の動き=動線に沿って水廻り(バス・トイレ・キッチン)、収納を配置することで効率的でストレスの少ない生活を実現できます。

3.ライフステージに合わせたリフォーム

子供が独立した家の子供部屋をなくし、日当たりのよい2階に広いリビングを作るリフォームや、三世代が暮らせる二世帯住宅へのリフォームなど、年代に合わせて楽しく暮らせる家へのリフォーム。

4.住宅性能向上リフォーム

バリアフリー、省エネ、耐震、長期優良住宅化リフォームで、安全で快適に長く暮らせる家を維持します。

模様替え・水廻り(バス・キッチントイレ)・屋根材の変更のほかにも大掛かりなことも、リフォームでできます。

 

リフォーム・建て替え・新築を思いたったら

当社、株式会社八ヶ岳中央地所までご相談をお寄せください。
初めてのリフォームや建て替え、新築も、建築等の専門家が、ご要望を洗いだし、オーナー様サイドに立って、リフォーム・建て替え・新築のアドバイスをいたします。目的と優先内容、予算の目安を伺い、工事見積の取得、業者の選定、工事実施をフルサポートいたします。それが当社の コンストラクション・マネジメント です。
適正価格での工事発注を実現し、コストメリットに対して当社がマネジメント報酬を頂戴するものです。

 


 

ご自身で見積りを取った場合の問題点

数社に相談し、それぞれの仕様で見積りを取ってみた場合。

見積り結果
A社 4,600万円
B社 5,000万円
C社 5,200万円

金額を見ると現在A社が一番低い金額を出してきました。
それでは内容はどうでしょうか?
各社の営業担当のヒヤリング、提案によって、仕様が各社で異なっています。
A社が安いといえるのでしょうか?もう一押し価格交渉をしたいところですが、交渉根拠が希薄で指値交渉ができません。
また、強気な交渉で引かれてしまうリスクもあります。

 

コンストラクション・マネジメントをご契約いただいた場合

当社へご相談いただければ、入念な打ち合わせで、仕様等をヒヤリング、同一仕様で各社に見積りを依頼。また、当社指定の基準会社の見積りを取ることで、基準価格がわかり、比較・交渉の上、適正価格での工事発注が可能となります。

当社指定基準会社の見積りと同額以下の金額の見積り会社があった場合には、適正価格担保により、同額以下の会社への発注は妥当であると判断できます。

 

見積先 初回見積価格 基準会社との差額
基準会社 4,500万円 基準価格
A社 4,500万円 ±0万円
B社 4,800万円  +300万円
C社 5,000万円  +500万円

ただ、上記の場合において、もう一度交渉をしてみます。
4,500万円をベースにA・B・C各社に4,400万円で指値交渉をします。

B社が4,400万円で応諾した場合、B社に発注します。
オーナー様は、当初の他社見積りの最低価格4,500万円から100万円低い金額で注文できますので、削減額100万円の場合は40%=40万円+消費税をマネジメント報酬として当社へお支払いいただきます。オーナー様の純コストメリットは56万円となります。

 

また、あらかじめ特定の会社、例えばC社に発注したいご意向の場合には、C社にのみ指値交渉を行います。

交渉の結果C社が4,450万円で応諾した場合、C社に発注します。
オーナー様は当初の他社見積りの最低価格4,500万円より50万円低い金額で注文できますので、削減額50万円の場合は50%=25万円+消費税をマネジメント報酬として当社へお支払いいただきます。オーナー様の純コストメリットは22万5千円となります。

なお、いずれの場合にも、指値交渉が不調で、基準価格(指定基準会社の見積り価格)を他社が下回れない場合には、指定基準会社が基準価格により責任をもって受注・施工いたします。その場合においては、他社見積り最低価格から基準価格を差し引いた金額を削減額としてマネジメント報酬の計算基準額とします。

マネジメント報酬=削減額×手数料率 (消費税別)

削減額 手数料率
50万円以下 50%
100万円以下 40%
500万円以下 35%
500万円超 30%